身近に潜む危険と対策方法

HOMESECURITY

自宅の防犯対策を強化する

悪質な犯罪への懸念が払拭できない世の中になり、自宅の防犯対策を強化しようという考え方が広まってきました。貴重なものは金庫に入れて簡単には盗み取られないようにしたり、玄関先などに防犯カメラを設置して録画するようにしたりする対策はしばしば行われるようになっています。防犯のためのアイテムは通販で手軽に手に入れられるようになっているため、懸念されることがあったら簡単に対処するためのアイテムを買って接地することが可能です。

プロに依頼する盗聴器調査に注目

通販で簡単に盗聴器などの犯罪にも使えるアイテムが手に入るようになったため、盗聴器を仕掛けられてしまうというリスクも高まっています。巧妙に仕掛けられた盗聴器を探し出すのは素人には困難なことであり、プロに依頼して盗聴器調査を行ってもらうのが得策です。仕掛けられてしまったという心配はないと思っていても、中古物件を購入したときや賃貸物件を借りたときには既に設置されている可能性もあるので注意しなければならないでしょう。

おすすめ記事一覧

ヘッドホン

見積もりで複数業者を比較

技術が進歩して、盗聴器の設置も容易になりました。盗聴器全体が進化していて、すでに素人には手が出せないレベルにまでなっています。超小型で電気製品のパーツの中に組み込まれていたりと、発見も困難です。専門の業者に特別な手法で探してもらわないと、発見すらできません。

READ MORE
金庫

通販で自宅に直送

新しく金庫を購入する際は、通販を利用することで、とても便利に購入することが可能です。その際はまず、中に保管する物をしっかりと想定し、保管物に合ったサイズやセキュリティ機能を選ぶことで、より効果的に探せます。

READ MORE
防犯カメラ

防犯カメラは画質が重要

家庭でも防犯カメラが活躍するシーンは増えてきました。家庭用の防犯カメラも続々登場していて、中には赤外線機能を持つものもあります。一台あると安心なので、通販で気になったものを購入するのもいいでしょう。注文の手続きも特殊ではありませんから、気軽に購入可能です。

READ MORE
女性

まずは優良業者を探す

盗聴器は、給電が楽で半永久的な活動が狙えるコンセント周りに仕掛けられることが多いです。心当たりがあるなら、盗聴器調査を業者に依頼して不安を取り除くといいでしょう。業者選びの際には、料金体系の確認は必須です。

READ MORE

盗聴器の調査を依頼する流れ

業者の選定

盗聴器調査をプロに依頼するときには業者の選定を行うのが最初の段階です。インターネットや電話帳などを利用して業者の情報を集め、探偵事務所やリサーチ会社などを候補として業務として盗聴器調査が含まれている業者から依頼先を決定します。

業者への申し込み

依頼する業者が決まったら業者への申し込みを行います。事務所を直接訪問するのではなくメールやウェブフォームなどによる問い合わせを行うと言う形が一般的です。この際に調査場所の広さや氏名、連絡先などを伝えます。

訪問日時の相談

問い合わせをすると業者側から連絡が来て盗聴器調査について話をするための訪問日時の相談が行われます。部屋の広さに応じてかかる時間の目安を伝えられ、その時間は調査場所にいられる時間帯を指定することになるのが一般的です。

調査内容の説明

訪問を受ける当日には調査を開始する前に調査内容の説明を受けることになります。個人情報の保護などについても説明を受けて、調査の実施方法にも納得できるまで説明をしてもらうのがこの段階です。納得出来ないときにはここで断ることになります。

契約書へのサイン

説明内容に納豆して盗聴器調査を申し込むと決めたら契約書を提示されるのでその内容を確認してサインすることになります。これによって契約の内容に従ってプロによる盗聴器調査が実施され、終了後には報告書を受け取るというのが流れです。

[PR]

盗聴器調査を対応してくれる業者を紹介!
専門家が丁寧に対応してくれる
広告募集中